キーボードに手を置く女性

占いの活用例

携帯を使う女性

名前でその人の性格や人生までもがわかってしまう姓名判断は、様々な用途で活用できます。どんな方でも姓名判断を利用することで必ず悩みを解決できますので、ここでは、どういったシーンで活用できるのか?活用例の一部をお教えします。

まずは、赤ちゃんの名づけです。「姓名判断=赤ちゃんの名づけ」というイメージを持っている方も非常に多いでしょう。名前は漢字や画数で運命がある程度決まると言われているので、占いは信じていないけど、子供のことを考えたら姓名判断を利用するという方が多いです。

次に、恋愛に関する悩み解決に活用する方法です。恋愛というのは1人でできません。相手のことを知らなければ二人の距離を近づけることができませんので、相手の名前や画数から相性、恋の行方を調べましょう。姓名判断のサイトによっては、相性占いができるようになっていますので、簡単に相性がわかります。

そして、仕事に関する悩みも姓名判断で解決できます。姓名判断では、名前の画数によって社会運、潜在能力、人生の転機が分かります。自分には鈍化仕事が適しているか、いつが転職のタイミングなのかわかります。

子供の頃は運気が良かったものの、大人になって悪い出来事が増えてきた…という場合には名前が関係しているかもしれません。思い当たる節があるという方は、姓名判断サイトに自分の名前を入力して良い画数なのかどうか調べてみましょう。